ピルは恥ずかしくない

どうして月経痛は起きるのか

下腹部痛や腰痛、頭痛など月経痛に悩まされる女性は少なくありませんが、月経痛はどのようなメカニズムで起こるのでしょうか。
子宮内膜症や子宮筋腫などの病気以外の原因としては、過剰なプロスタグランジンの分泌があげられます。これは、子宮内膜から分泌されるホルモンの一種で、生理のときに子宮を収縮させて、子宮内膜が剥がれる際の経血を体外に排出する働きがあります。プロスタグランジンは陣痛促進剤にも使われるほど子宮を収縮する力が強いため、過剰に分泌されると陣痛のような痛みを感じます。また、プロスタグランジンは腸を動かす作用や血管収縮作用、痛みを強める作用も持ち、頭痛やめまい、腰痛、下痢なども引き起こします。若い女性の場合、子宮口が硬くて狭いのでプロスタグランジンが過剰に分泌されることがあり、このために月経痛が起こることもあります。
月経痛のときに処方される鎮痛剤にはプロスタグランジンの作用を抑える働きがあるのですが、重い月経痛には効きません。効果があるのは、女性ホルモンである卵胞ホルモンと黄体ホルモンを含む低用量ピルです。ピルに含まれているこれらのホルモンが、子宮内膜の増殖を抑えるのでプロスタグランジンの分泌量も減り、月経痛が改善されます。また、出血量が減るので子宮の収縮は抑えられ、さらに痛みが現れにくくなります。
生活に支障をきたすほどの月経痛は月経困難症と診断され、ピルの処方は保険適用されます。ピルの飲み始めには、吐き気やだるさなどの症状が出ることがありますが、飲み続けるうちに消えていきます。ほぼ確実な避妊効果と、月経痛の改善、月経量の軽減、にきびや吹き出物の改善、月経前症候群の改善などの効果があります。